沈堕の滝


 沈堕の滝は、大野川本流の「雄滝」と支流の「雌滝」の2つにより構成されています。雄滝は幅97m 高さ17m 、 雌滝は幅4m 高さ18mあり、この本流と支流のぶつかり合いが滝を生んだと言われています。この滝は、雪舟により描かれ、「垂直に分かれて十三条をなす」と表された滝の流れは、人の手が入ることで実に数奇な運命をたどり現在に至っています。沈堕の滝を形成している岩石は、阿蘇の9万年前の大噴火による火砕流によってもたらされたものです。一方、滝の落差を利用して明治42年に滝の上に堰を作り、下流の施設で発電を始めました。今でも、発電所跡が当時をしのばせます。(沈堕の滝案内板を参照しました。)

今回はあえて説明を省かせていただきました。沈堕の滝の様々な景色をご覧ください。

 
  雄滝   雌滝  
雄滝   雌滝(右側) (左側は発電の放流水)  
  展望台   発電所跡  
  県道沿いの展望所に解説があります。   発電所跡  
雄滝   雄滝
雄滝   雄滝  
  生々しい洪水跡   遊歩道  
  阿蘇溶結凝灰岩   荒々しい崩壊  
  洪水により流された遺物   洪水により流された遺物  
  雄滝   雄滝  
  大野川本流   大野川本流  
大野川本流   大野川本流  
大野川本流   大野川本流  
雄滝 雄滝 雄滝
雄滝   雌滝  
発電所跡   発電所跡