アグレッシュおおいた

サイトマップ

ホーム
活動概要
旬の情報
体験談
メンバーの紹介
掲示板
就農して思うこと
豊後大野市大野町
堀彰太
堀J
 はじめに
 こんにちは。私は4年前に神戸市から豊後大野市へ引っ越してきました。こちらへ来たときは妻と2人でしたが息子が産まれ3人家族になりました。インキュベーションファームという夏秋ピーマンの研修施設で2年間の研修をさせていただきました。現在は独立就農して3年目になります。作物は夏秋ピーマン20aとスイートピー10aの施設栽培です。大分県に来てからは全てのことがはじめての経験で刺激のある楽しい毎日を過ごしています。

1.研修の大切さと感謝 
 農業に挑戦したのは35歳サラリーマンのとき管理職をしており、本格的にその会社の経営に携わって一生働いていくか、以前から興味のあった何らかのカタチで独立して事業をおこなうかを決める時期にあると考えて独立することを選びました。何の業種で独立するか色々と悩みましたが3年間検討して農業で独立することにしました。選んだ理由は色々とありますが一番のポイントは自分にあっているかどうかを考えたときに生きたモノづくりという点で自分に向いていると感じました。また、農業はビジネスとしてはまだまだ未開拓な分野なので面白いと思いましたし、食や健康に世の中の関心が今後ますます高まると考えると農業は重要だと思いました。また。
インキュベーションファームでの研修を受けたことで他の新規就農者と出会えたことは非常によかったと思います。きっかけや家族形態は違っても新しいことにチャレンジする仲間として、協力し合ってたくさんのことを共有できたことが充実した日々を過ごすことにつながったと思います。また営農指導員や里親の方が本当に親身になって指導してくださったこと、市職員の方もスタートしたばかりの事業で確立されていない中、できるかぎりのことをしてくださったことには非常に感謝しています。
私たちのように何の知り合いもいない地域に移り住んできた者にとっては、知り合いになってもらえるだけでもありがたいところを快く受け入れていただき、しかも親身になって手助けをしていただける方がたくさんいたことは本当にありがたいことでした。

2.今後の抱負 
まだ、就農したばかりですが今後の展望としては、できるだけ早く生計が立てられる経営をしたいと思っています。その後は収益を拡大できるようにしたいと考えています。色々な形態での直接販売や加工品事業の展開、新たな作物の栽培や商品開発、農泊やカフェ、新規就農者同士での共同販売など、考えるときりがないぐらい興味のあることがあります。色々なことに挑戦したいと思います。
そのために私のような農業未経験者でも就農して生計が立てられる、しかも自由で充実した生活ができるということを実証することで就農する人を増やして地域の活性化と農業ビジネスの可能性を広げたいと思っています。