アグレッシュおおいた

サイトマップ

ホーム
活動概要
旬の情報
体験談
メンバーの紹介
掲示板
Q1.農業は儲かりますか?
玖珠郡九重町
松田耕治
松田
1. 自己紹介

 松田耕治 38歳 大阪府枚方市出身。
前職は観光の会社で勤務、小樽、函館、京都、門司、湯布院全国の観光地で人力車を走らせていました。
就農して7年目、法人化して2期目を迎えます。
品目は夏秋とまと、作付面積は25a。
取引先は農協には通さず仲卸と直接契約栽培。

2. これから就農される方へ

7年前を思い出して、僕が先輩方によくぶつけていた質問を今の自分が答えるという斬新な手法でお伝えしたいと思います。

Q1.農業は儲かりますか?
A1.ぼちぼちですね。
  正直都会に比べれば儲からないと思います。

Q2.何を作るのがいいですか?
A2.第一に適地適作。第二に流通量の多い品目
  僕は第二を重視してトマトを選びました。
  トマトは生産、流通共に日本でダントツにナンバー1です。
  1週間の献立で最も出てきた野菜は?と考えたらやはりトマトだと思います。
  消費量が多いので価格も安定し経営しやすいと考えたからです。
  あと、ライバルも多い分栽培技術の情報量もダントツ多く、書籍の量もトマトが一番。
  初心者が技術を蓄積するにはもってこいの品目であると思います。

Q3.農業の良さは何ですか?
A3.人それぞれ自分の特色を生かせるところ
  今回寄稿にあたって改めて仲間の体験談を読ませていただいて、皆自分の特色を生かしながら結
  果を出していて、それが正解となっているところですね。
  遠慮なく自分のカラーを出してください!

Q4.農業以外で役に立った知識は何ですか?
A4.簿記
  就農すればその日から個人事業主になります。
  今まで会社が源泉徴収してくれていた所得税を自ら決算書を作成して確定申告する義務が生じま
  す。
  ちなみに商業簿記3級で十分(標準学習時間85時間)決算書が作成できるようになります。

Q5.何を質問していいかわからないのですが・・・
A5.僕もそうでした。
  ネット、書籍相当読み漁り、地域のトップレベルの生産者に何度も質問しましたが、
  いざやってみてからじゃないとほんとのクエスチョンは出てこないですね。
  トラクターは何回転で、どれくらいの深さで・・・・こういう圃場特有の条件など経験していかないと
  わからない事の方が山ほどあります。
  ある程度必要最低限の情報量が揃ってくれば、質問も明確になってきます。
  その時にちゃんと師匠に質問できる信頼関係を始めから築いて下さい。

最後にこれから就農される方へ

僕は新規就農して最初に受けたセミナーがこのアグレッシュ大分開催のセミナーでした。
そこからイモずる式に人と情報が繋がり多くの成長と収穫がありました。
こんなにも惜しげもなくノウハウを提供する業界は農業ぐらいなのではないかと思います。
一緒に大分の農業を盛上げましょう!!