みつばTOP 案内板 グルメ 生い立ち みつばの嫁入り 会社概要 安心・安全 ふるさとギャラリー link お問合せ
みつばライン

ふるさとギャラリー

昨年までのふるさとギャラリーは、バックナンバーに納めました。

2001200220032004200520062007200820092010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018
不定期ですが、四季折々のふるさとの風景や祭り・行事等を紹介致します。

13.

梅雨寒の情景                 <2019. 7. 18 UP>

 雨が降り続いています。梅雨明けも遅れそうな上、気温も上がらず野菜の生育にも影
響が出ています。また、気温が上がらないせいかセミの声も元気が無いようで、もうすぐ
夏休みというのに涼を求めて水遊びする様が当てはまりません。平年とは異なる気象
ですが、梅雨寒の静かな情景を作り出す自然の営みに感動しました。

梅雨寒の情景
12.

田植えの頃                 <2019. 6. 26 UP>

 今年はいまだに入梅せず、大分では過去最も遅い梅雨入りになりそうです。水不足の
心配される中ですが、着々と田植えが進みほとんどの田んぼには可愛らしい苗が植え
られています。田植えの済んだ田んぼはごく普通に、山間の大野の郷の景色に溶け込
んでいます。様々な田植えの様子や情景をお楽しみただければ幸いです。

田植えの頃
11.

新緑の郷                  <2019. 5. 20 UP>

 まさに大野の郷は、新緑が眩しく、早朝から小鳥がさえずり、夕方にはカエルの合唱と、
初夏へ移行する自然の営みが肌で感じられます。いつものように当たり前の風景ですが、
平常をありがたく思える心の豊かさを持ちたいと思うこの頃です。何ら変哲の無い風景で
すが、大野の郷の新緑を楽しんでいただければ幸いです。

新緑の郷
10.

桜花爛漫                  <2019. 4. 29 UP>

 今年のソメイヨシノは平年並みに開花し始めましたが、その後気温が上がらず、いつも
より長く満開の桜が楽しめてとても得をした気分です。 ソメイヨシノが散り始めたのを見
計らったかのように、ぼたん桜が開花し始めました。 今年は、緒方町の「チューリップ
フェスタ2019」と、竹田市の「第71回岡城桜まつり」へと足を延ばして楽しんできました。

桜花爛漫
 9.

早春の郷                  <2019. 3. 27 UP>

 三寒四温。三月上旬は記録的な降雨量で、とても春が近づいているとは思えないほど
荒れた天気でした。中旬以降は、良い天気に恵まれる日が多く、初夏を思わせるような
日もあれば、真冬の戻ったような寒い朝を迎えることもありつつ、確実の春に近づき彩を
増してきました。 また、早咲きの桜が早春の郷をにぎわせてくれています。

早春の郷
 8.

第26回どんど焼き         <2019. 2. 23 UP>

 西日本を中心に暖冬傾向となり一方、北日本は冬らしい冬が続く日本列島です。 
風冷えのする、とても寒い 2月9日に第26回どんど焼きが開催されました。庄内子ども
神楽の熱演や逞しい豊勇太鼓の響きを、焚火で暖を取りながら見入る人々もいつしか
寒 さを忘れてしまうような、感動に包まれたどんど焼きになりました。

第26回どんど焼き
 7.

芽吹き                      <2019. 1. 22 UP>

 あけましておめでとうございます。 暖冬とはいえ、大野の郷では氷点下になる寒い朝
の新年を迎えました。  寒々とした郷は、茶色の荒涼とした風景だけが広がっているよう
ですが、朝日には新春の喜びが、そして多くの木々には新しい息吹が宿っていました。
 今回は、今年も楽しく過ごせますよう祈りを込めて、小さな芽吹きをお伝えします。

芽吹き
 6.

冬ざれ                      <2018.12. 27 UP>

 暖冬の初冬になっています。 暖かいことは暖房の使用が少なく済みありがたいのですが、
天候が不順で特に日照が少ないことが農業にとっては大きな損失になります。 さて、大
野の郷は木々の葉も落ち寒々しい風景が広がっていますが、これもこの季節ならではの
風情として楽しめれば、心地よくなります。

冬ざれ
 5.

晩秋の情景                  <2018.11. 30 UP>

 好天に恵まれ、通年より寒い秋の訪れで大野の郷の紅葉も一気に進み、里山や街
路樹も美しく彩られ、師田原ダムも一段と色濃くなっていました。また、清川町にある
紅葉の名所、宝生寺では、ミニコンサートを開催し、鏡面のような池に映る紅葉と寺の
美しさを、しとやかな音楽とともに楽しむことができました。

晩秋の情景
 4.

初秋の郷                  <2018.10. 31 UP>

  今年は季節の進み方が早いような気がしています。まだ初秋というのに木々の色付
きがかなり進んできています。特に桜は早めに紅葉しますが、一番良い時から遅くなっ
てしまいました。また、この時期は稲刈りで忙しい時でもあります。多くはありませんが
稲の掛け干しも見かけることがあります。進みゆく秋をご覧ください。

初秋の郷
 3.

早咲きの彼岸花            <2018. 9. 28 UP>

  彼岸が近くなると必ず咲き出す彼岸花。今年は朝方の気温が下がるのが例年より
早いようで、9月10日頃にはすでにちらほら開花を見るようになり、気が付けば大野の
郷は真紅の群生に包まれていました。最近は景観のために地域の方が、川沿いや農
道沿いなど 様々な場所植栽して、美しい彼岸花ロードに出会えるようになりました。

早咲きの彼岸花
 2. 第30回しだはら湖面火まつり <2018. 8. 24 UP>

 この夏は猛暑続きで、カンカン照りの日が続き師田原ダムの水位も下がり水不足が
心配でしたが、一転してお盆前から台風が近づき、湖面火まつりの当日は天候が不
安定になりました。ついには、大勢のお客さんもお見えになりステージも盛り上がる
ころ、雨脚が強くなり、雨が降りしきる中での打ち上げ花火になりました。
第30回しだはら湖面火祭り
 1. 沈堕の滝                    <2018. 7. 29 UP>

 沈堕の滝は、大野川本流の「雄滝」と支流の「雌滝」の2つにより構成されています。
雄滝は幅97m 高さ17m 、 雌滝は幅4m 高さ18mあり、この本流と支流のぶつかり合
いが滝を生んだと言われています。この滝は、雪舟により描かれ、「垂直に分かれて
十三条をなす」と表された滝の流れは、実に数奇な運命をたどり現在に至っています。
沈堕の滝
みつばライン

有限会社 育葉産業 〒879-6441 豊後大野市大野町田中390番地 
電話 0974-34-4400
みつば|三つ葉|レシピ|料理|市場|出荷
Copyright c 2006 みつば