見ごろの彼岸花


 この時期になると真紅の群生が、実りの秋を迎えようとする大野の郷にも至る所に見られるようになります。特に今年は鮮やかさもさることながら、その量の多さに驚かされます。きっと、盆過ぎから凌ぎやすくなり、彼岸花にとっても咲き心地が良かったのでしょう。そして、もうすぐ大分国体が開催されます。町外からお見えの多くの方に、美しい郷を見ていただくことを誇り高く思います。

       
  思わぬところの群生 祠のある群生  
  昨年見つけた群生地で、草切りをしたら見事に咲きました。
山間の祠のある小さな丘の群生に心を奪われそうです。  
  棚田の情景 彩りの田園風景  
  いたるところの棚田は真紅に塗りつぶされています。 お彼岸の田園の情景そのものです。  
  蜜を求め蝶が舞う   蜜を求め一直線  
蜜を求めて蝶が彼岸花を次から次へと舞っています。     

  水辺の花を求めて一直線に蝶がやってきました。
白い彼岸花 国体に彩りを添えて
白彼岸花も咲いていました。 運動公園では彼岸花が国体を歓迎しているようです。
田園に調和する クモの巣に包まれて

山間の田んぼによく似合います。

  クモの巣に囲われたようです。
田廻りする農家   草切りをする農家

国体の開催に合わせて植えたコスモスと、彼岸花を見ながら
田圃の水を調整するため農家がやってきました。

  美しい田園の保全には草切りは欠かせません。