第23回しだはら湖面火まつり


 連日の猛暑や熱帯夜は記録的なもので、疲労が蓄積しているのではないでしょうか?とはいえ、大野の郷では、窓を開け寝つくまで扇風機を回せば、明け方は寒くて目が覚めてしまうほどで、都会からみれば別天地かもしれません。さて、過去2年間は天候不良のため中止していた「しだはら湖面火まつり」が、猛暑の中準備してくれたスタッフのお陰で盛大に開催されました。お盆で帰省した若者の懐かしい顔と再会できる楽しみなビッグイベントで、多くの人々が心待ちにしていました。

       
  浅草の小松明 シャトルバスで送迎  
  浅草地域では「アサクサハチマン」の火文字が出迎えます。
  会場までは無料のシャトルバスで送迎します。  
  I LOVE オオノ の火文字   老婆の夕涼み  
  田神上地域では携帯文字で表現しています。 近くに住む婦人が夕涼みをしていました。  
十時地区の火文字   ヨウコソしだはらの火文字
十時地域の歓迎火文字です。   メイン会場が見えてきました。「ヨウコソしだはら」
会場全景 ステージに集まった人々

メイン会場の全景です。

  ステージでは神楽や抽選会などの催し物が行われました。
浮かび上がる火文字   七色灯篭
メイン会場に浮かび上がる巨大な火文字です。 湖面には七色灯篭がゆっくりと滑っていました。
楽しげに集う人々  
会場では楽しい会話が弾んでいるようでした。   堰堤に並べられた灯篭の中を覗き込む浴衣の親子です。
かき氷   ヨーヨー釣り
猛暑です。かき氷が飛ぶように売れていました。   ヨーヨー釣りも楽しみの一つです。
打ち上げ花火1 打ち上げ花火2 打ち上げ花火3
  フィナーレは太鼓の演奏に合わせた打ち上げ花火が、夜空と湖面を彩り、音は山々をこだまし響き渡ります。
幻想のナイアガラ   水上花火
ナイアガラに浮かび上がるシルエットが幻想的です。   水上花火が大きく湖面に映り出されます。
サヨナラ   会場のイメージ
お帰りの時間には「サヨナラ」と見送ってくれました。   メイン会場に花火の上がる火まつりのイメージです。