寒い朝


 あけましておめでとうございます。 年明け早々オミクロン株の爆発的な感染力に右往左往している列島ですが、自然は真冬らしく寒さも一段と厳しくなり、大野の郷では零下4℃の日が珍しくありません。放射冷却の寒い朝には朝日に照らされた霜の降りた美しい光景を見せてくれます。道端や畑のささやかな風情を、寒さを感じながらお楽しみいただければ幸いです。

霜の畑   きらめく
霜の降りた畑です。.   里山のクヌギが朝日に輝きます。  
轍   轍
轍の霜が輪郭を際立たせています。  
霜の畑   霜のごうや畑
朝日のきらめく畑です。  
道   轍
 
大根畑   キャベツ畑
大根畑です。   キャベツ畑です。  
キャベツ キャベツ キャベツ
霜によるキャベツの造形です。  
大根   大根
取り残された大根が自己主張しているようです。  
雑草   雑草
雑草の霜が抽象的絵画を描いているようです。  
ホトケノザ   菜の花  
ホトケノザ   菜の花  
ナズナ   エノコログサ  
ナズナ   エコノログサ  
枯草 エノコログサ 枯草
枯草が儚さを演出していました。  
熟しすぎた柿 熟しすぎた柿 熟しすぎた柿
熟しすぎた柿は小鳥たちの好物なのでしょうか?  
大きめの写真を[Google フォト]でご覧いただけます。
ここをクリックしてください。