郷の秋


 朝方の気温が一桁になる日が増え、慌てて冬支度をしています。稲刈りはこれからが最盛期になりますが、マルコ・ポーロが聞いた「黄金の国ジパング」が稲穂の輝きだったという説に頷ける風景が広がっています。さらに、郷の道端や畔、草むらには秋の野草がひっそりと力強く咲いていました。ほんのささやかな郷の情景ですが、深まりゆく秋をしみじみと感じることができました。

 

 

稲穂   コスモス
  黄金色に輝く収穫前の稲穂が風になびいています。   休耕田に景観維持のためコスモスを植えられています。
コスモスの様々な表情をご覧ください。
 

 

 

コスモス   コスモス

 

 

コスモス コスモス コスモス

 

 

ひまわり   ひまわり
 

休耕田の向日葵が最後の力を振り絞るかのように、朝日に向かっています。

道端や草むら、畔などに秋の野草がひっそりと力強く咲いていました。
 

 

 

野草   野草

 

 

野草 野草 野草

 

 

野草 野草 野草

 

 

野草 野草 野草

 

 

野草 野草 野草

 

 

野草 野草 野草

 

 

野草 野草 野草

大きめ写真を[Google フォト]でご覧頂けます。
ここをクリックしてください。