みつばTOP 案内板 グルメ 生い立ち みつばの嫁入り 会社概要 安心・安全 ふるさとギャラリー link お問合せ
みつばライン

ふるさとギャラリー

昨年までのふるさとギャラリーは、バックナンバーに納めました。

2001200220032004200520062007200820092010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 20192020 20212022 2023
不定期ですが、四季折々のふるさとの風景や祭り・行事等を紹介致します。

13.

あじさい寺                 <2024. 6. 27 UP>

 梅雨入り前の好天に恵まれた6月16日にあじさい寺で知られる普光寺で「あじさい祭り」
が開催されました。地域の方々の手入れのお陰で見事の咲いた大輪の紫陽花が人々を
出迎え目を楽しませてくれる中、神秘的な洞窟の舞台で行われる神楽、LIVEといったイ
ベントを花と一緒に楽しめました。

あじさい寺
12.

新緑の郷                  <2024. 5. 17 UP>

 大野の里山では眩しく光る新緑が季節の変わり目を知らせてくれています。その傍ら、
個性的な野草たちが役目を終えても自己主張をしたり、小さくとも誇らしげに生き続けた
りしていました。普段通りの変哲もない郷の風景をご覧いただければ幸いです。

新緑の郷
11.

満開のボタン桜             <2024. 4. 18 UP>

 ソメイヨシノが葉桜になるころ、ボタン桜は満開になります。大野の郷には多くのボタン桜
が植栽され、郷のあちらこちらで花見ができます。また、同じ時期に春まつりが開催され、
神楽に先導され稚児を引き連れた神輿や賑やかな山車が商店街を練り歩き、広場では
神楽が奉納されました。

満開のボタン桜
10.

桜花爛漫                   <2024. 4. 5 UP>

 大野の郷のソメイヨシノはいつもと変わららず4月1日には八分から満開になりました。
童謡「春が来た」では「山に来た 里に来た 野にも来た」と歌われるように、山桜が里山
を淡い桜色に染めながら葉桜が濃く鮮やかな紅色へと変化していくと合わせるかのよう
にソメイヨシノが大野の郷を彩っていきます。

桜花爛漫
 9.

早春の郷                   <2024. 3.22 UP>

 桜の開花が間近になった早春の郷はなかなか麗らかとは言えない日々が続く中、
菜の花や色鮮やかな野草達が元気よく畦道や空き地などに咲き誇っています。とも
すれば当たり前すぎて見落としてしまう光景ですが、よく見れば個性的な花に出会う
ことができます

早春の郷

 8.

第31回どんど焼き           <2024. 2.15 UP>

 どんど焼きは、飾り終えた門松やしめ縄といった正月飾りを燃やし、正月に迎えた歳
神様を見送り、一年の幸せを祈願するためにに行われる行事で、大野の郷では2月の
この時期に商工会青年部が行うイベントとして定着しています。今年はグルメも充実し
てさらに大勢の観客でにぎわいました。

第31回どんど焼き
 7.

大寒の頃                    <2024. 1.24 UP>

 今年は暖冬といわれても、やっぱり寒いときは寒く、霜の降りた白い大地では、春から
秋にかけてしっかりとと光合成をし子孫を残す役目を終え枯れた野草などの姿は輝い
て見えます。 一方、元気よく光る緑は彼岸花ですし、ナズナやホトケノザ、菜の花が
寒々しい大地に彩を与えてくれていました。

大寒の頃
 6.

illumination                  <2023.12.23 UP>

 師走の気忙しい日々に、漆黒の闇夜に輝くイルミネーションが心を躍らせ楽しませ
てくれる気がします。(大野の郷の夜は邪魔な光が少ないのです。) 都会のイルミ
ネーションに比べればささやかですが、郷の人々の心意気を感じていただければ幸
いです。

illumination
 5.

晩秋の郷                     <2023.11.27 UP>

 ようやく晩秋らしい寒さになり、遅れていた紅葉が一気に進んだようです。 大野の
郷には有名な紅葉の名所はありませんが、里山を含め目に入るすべての広葉樹が
赤色や黄色に色づきカラフルな景観を醸し出しています。  ごくごく普通の風景です
が、郷の晩秋を楽しんでいただければ幸いです。

晩秋の郷
 4.

郷の秋                      <2023.10.25 UP>

 朝方の気温が一桁になる日が増え、慌てて冬支度をしています。稲刈りはこれから
が最盛期になりますが、マルコ・ポーロが聞いた「黄金の国ジパング」が稲穂の輝き
だったという説に頷ける風景が広がっています。さらに、郷の道端や畔、草むらには
秋の野草がひっそりと力強く咲いていました。

郷の秋
 3.

彼岸花の郷                  <2023. 9.27 UP>

 暑さ寒さも彼岸までと言いますが、お彼岸が近づくころから真夏日がほとんど無くなり、
彼岸花がようやく一斉に咲きそろいました。今年は気温がなかなか下がらず、ニュース
でも開花が遅れていると報道されてから1週間ほどの間に見る間に咲きそろったようで、
深紅の群生が大野の郷を覆いつくしたような感じです。

彼岸花の郷
 2.

第32回しだはら湖面火祭り  <2023. 8 16 UP>

 4年ぶりの第32回しだはら湖面火祭り、実行委員会の皆様の強い気持ちで開催
されました。この日を待ちかねた大勢のお客様にお越しいただき、幻想的な小松明
や賑やかなステージ、満水の湖面に映り込む花火を楽しんでいただきました。

第32回しだはら湖面火祭り
 1.

ふるさと体験村 夏祭り    <2023. 7 21 UP>

 ふるさと体験村は過疎地域の中のさらに過疎地域にあり、日ごろは行きかう人の
姿もありませんが、この日は子どもたちの驚くほどの賑わいが山々に木霊していま
した。維持管理費用として幼児を除き入村料を200円頂くのですが、その集計が
200名以上あったそうでこの賑わいに合点がいきます。

ふるさと体験村 夏祭り
みつばライン

有限会社 育葉産業 〒879-6441 豊後大野市大野町田中390番地 
電話 0974-34-4400
みつば|三つ葉|レシピ|料理|市場|出荷
Copyright c 2006 みつば